フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ウェブページ

無料ブログはココログ

十字架

2017年3月26日 (日)

キリストと共に死ぬ恵み

ガラテヤ 2章20節
私はキリストとともに十字架につけられました。もはや私が生きているのではなく、キリストが私のうちに生きておられるのです。いま私が肉にあって生きているのは、私を愛し私のためにご自身をお捨てになった神の御子を信じる信仰によっているのです。
 
 この火曜日のブログで私は母との思い出を書きました。書いていて思い出したことは、「人は自分が誰かに必要とされ、それで生きていける」ということでした。その間の詳しい事情をすべて省きますが、五十歳にして家族を失い、やむなく母のアルツハイマー症の介護を兼ねて実家に帰った私の心はボロボロでした。しかしそれも数年経つと、病の進行で母は施設に入ることになりました。
 
 すると、誰も居なくなった実家に、自分一人がポツンと居ることになりまして・・・そのような経験がお有りでしょうか? あればご理解いただけるでしょう。誰も私を必要としない、されていない状況に置かれ、虚しさ、淋しさに私は本当におかしくなってしまったのです。仕事はありましたが、私が居なくてもすぐに代替者が来ます。しかし家族の代替者は居ません。家族を失い世話をしていた肉親まで・・・私の喪失感は極まったのです。
 
 私はクリスチャンですので自殺できず、自棄(やけ)になって自分をダメにしたい衝動に駆られるようになりました。そんな人生の最大の危機的な時、どん底の闇の中の私に、神のあわれみが注がれ、光が射す時が来たのです。
「私はあなたをずっと愛していた・・・」神の語りかけは突然でした。そしてその言葉は、私を瞬間的にいっさいがっさい、完全に変えたのです。誰からも必要とされなかったのでは無かったのです。神がこのウジ虫のような罪人の私を愛し、私のために十字架に架かってくださった・・・こんな愛ってあるでしょうか。この愛は、たとえこの世で命を失おうとも、失われることがない永遠の愛です。恐れ多いことですが、天地万物を造られた神から、私は必要とされ愛されていたのです。
 
 このことはへブル2:14でキリストが十字架で死の力、死の恐怖、サタンの縄目から私たちを解放してくださったと書かれてあるように、本当でした。それまで三十年もクリスチャンでしたが、それを自分のこととして受け取れていませんでした。
 
 それ故真に神を信じる私たちは告白しましょう
「私はキリストとともに十字架につけられました。もはや私が生きているのではなく、キリストが私のうちにいきておられるのです」と。
 
 こうして私は新しく生きる者となり、虚しさとサタンから解放され、真に生きる喜びを覚える者とされました。みなさん、これがほんとうに生きていると言うことです。誰も、死をもこれを奪うことができません。永遠の愛です。苦しめられた者は幸いです。神の愛を知るからです。神のあわれみに感謝しましょう。

2016年12月18日 (日)

復活

使徒の働き 17章31節
なぜなら、神は、お立てになったひとりの人により義をもってこの世界をさばくため、日を決めておられるからです。そして、その方を死者の中からよみがえらせることによって、このことの確証をすべての人にお与えになったのです。
古今東西の宗教で、教祖があまりにも残酷な公開処刑である十字架で死に、しかも三日目によみがえった・・・なんてものはありません。またキリスト教を特徴づけるものに奇蹟があります。湖の上を歩き、嵐を沈め、あらゆる病を癒やし、死人を何人も生き返らせるなどです。旧約時代にも奇蹟はありましたが、新約のイエスとその弟子たちほど、わずかな時間、広範囲にたくさんの奇蹟を現されたことはありません。
 
 少し前のクリスチャン映画三部作では、「復活(原題Risen)」がありました。日本語では「復活」ですが、英語ではRisen=よみがえったとResurrection=(教義的なキリストの)復活の違いを使い分けています。映画ではローマ百人隊長クラヴィアスが、部下の不始末を受け、遺体となっているはずのキリストを徹底捜索の結果、生きているキリストに出会うことになります。この段階では彼はよみがえったことの証人ですので、原題がRisenであるわけです。しかしこのrisenは生き返っただけで、いつかは死にます。Resurrectionとなると永遠に不死であり、さらに新しい肉体をも伴っているのです。
 
 よみがえりから復活へと。実はこれが異邦人には最も信じがたいところです。聖書のこの箇所では知性を代表するアテネ人は、復活の話になると使徒17:32「あざ笑い」、また「またいつか聞くことに」と相手にしなくなったとあります。これは今の日本人にも全く当てはまることで、十字架ならまだしも、復活を聞くと心の中では「あざ笑う」者が続出することでしょう。
しかし常識有る人々が到底信じられない復活なかりせば、キリスト教信仰は空しいのです。十字架の罪の赦しは、復活のためです。死後、霊魂の不滅、天国と地獄を説く宗教はあまたあっても、その体がさらに良いものによみがえり、天の国において永遠に生き続けるなどと説く宗教は世界で唯一、キリスト教だけです。到底信じられないことを全く信じる、これがキリスト教であり、信仰と申します。ペテロの信仰告白を受けられたイエス様が、十字架と復活のことを教え始められたのは当然のことです。付け加えてですが、このことは代々の聖徒の信仰告白「使徒信条」にはっきりと述べられています。
 クリスチャンであっても、復活の信仰が単に知識として留まっており、確信がないというか現実感のない方が多いと思われます。そういう方は非常に大切なことですから是非、熱心に祈り求めていただきたいと思います。
 
復活信仰のポイント
①(霊的面)死の恐れから解放してくださり、永遠のいのちを与えられた実証であり、死の恐れを打ち滅ぼしてくださった。天国(天の都エルサレム)に住まう確信を得ること。
②(肉体面)その体は、キリストの復活と同様、御霊の体と呼ばれる、今の血肉の体の制約を超えた別次元の永遠の体である。キリストはこの約束の成就と見本となられた。

2016年6月 5日 (日)

まったき愛

ヨハネ 12章25節
 自分のいのちを愛するものはそれを失い、この世でそのいのちを憎むものはそれを保って、永遠のいのちに至るのです。
 神学校の授業で、ある女子校で「地上で誰か一人でも自分を本当に愛してくれる人がいたらその人は幸せです。しかし孤児院の子どもたちにはいなかったのです」と話したら、涙を出す生徒がいたとのことでした。この日本で、モノは満たされていても、誰からも愛されていない、そのような精神的な孤児の子どもが結構いるのではないかな、と思わさせられました。
 
 しかしまた、逆に過度に依存してしまって、愛してくれる人がこの世を去ってしまった瞬間から、生きていく目標も気力も失ってしまって腑抜けのようになる、そんな方もいるのです。これも真実の愛、まことの愛というものが子どもに伝わっていなかったのではないかと、私は思うのです。ではまことの愛とは、いったいどいういうものでしょうか?。どなたかお答えになってくださるでしょうか。それは、人間には答えることも見せることも難しいものに思えます。しかしここに、私はまことの愛とはどういうものかを、はっきりとお見せできる恵みをいただいております。それは、この世に生まれる前からお一人お一人に注がれていた、永遠の「神の愛」以外にはございません。
 
 職場の人間関係での上司とか同僚のような、避けることや逃げることができない中で、何故か自分を憎悪し続けてくる相手に対し、私たちはどう対処するればよいのでしょうか? 以前「半沢直樹」というテレビドラマで「やられたらやり返す。倍返しだ!」というセリフが流行りました。憎しみを力にしてさらに憎み返し、憎しみを思いっきり相手に叩きつける痛快さがあったようでした。しかしそれは痛快ではない、見ていて背筋がぞっとするようなおそろしいサタンの支配を感じました。いわば相手だけでなく、仕返することが悪霊との契約、その虜になって可能に思えました。
 
 では聖霊に満たされ、新生したクリスチャンであればどうすればよいのでしょうか。憎しみを憎しみで仕返しできたからと言って、いったい何の得があるでしょうか。一番大切な自分自身をサタンに売り渡し、最大の損失、滅びる世界に捨て去ることほど愚かなことではありませんか。聖書のルカ伝ではイエスさまは何度も言っています。「あなたの敵を愛しなさい。あなたを憎む者に善を行いなさい」と。
 
 ですから私たちがそのような時にするのは、神がこのことを許されたのには必ず大きな最善の計画があるのですから、感謝します。そして憎しみではなく、聖書の通りに、憎んで来る相手を、逆に愛せるように祈ることです。愛は神から来ます。自分がどれほど神に赦されて来たことかを思い出すなら、相手の憎悪を受け入れ許すことぐらい、それほど大したことではないのです。さらに自分の貧弱の愛ではなく、神からの愛をもって、心から相手を愛することができるよう、熱心に祈るようにいたしましょう。御心ですから、神は必ず私たちの心を取り扱ってくださり、憎しみ怒りにではなく、なんと愛の心に変えてくださるのです。

2015年8月30日 (日)

神の和解を受け入れなさい

2コリント 5章20節
 私たちというものは、信じるまでは世の罪にとらわれている奴隷でした。そのことすら、神を信じ、罪から解放されるまではわかりませんでした。それまで普通のことだと思っていた世は、よりすぐれたもの、すぐれた人に価値をつけ、値を払います。誰もが他者よりすぐれた能力を得ようと、我が子を有名私学に入れようとし、競争から競争へと走っています。そのレースに勝てば人はおごり高ぶり、負ければ落ち込むかねたむ世界です。プロ野球でも実社会でも、高い能力を身につけ、成績をあげるならば、そのような優れた人間に対して高い賞賛と報酬が与えられるのは、世の習いです。こうして、他より優れていなければならない、そのような価値観、人間観にとらわれていたのです。  

 ところが一方で人はみな平等であり、その命に貴賤はないとは言われています。しかし平凡な自分しか発見できない人にとって、自分の存在に十分な価値を見出すことができないのではないでしょうか。と言うことは、ほとんどの人が失望の谷底にあえいでいるのがこの世の常なのです。世の人は夢も希望もない・・・・これが世の現実なのでしょう。  罪についても同様なことが言えます。私たちは良心に従って良いことをしたいのですが、それを行う力が私たちにはほとんどありません。律法によれば、このような私たちは誰ひとり例外なく罪に定められ、裁かれる存在です。世とそれに属するものに、夢も希望もなく、ついには皆死によって永遠の裁きに遭うのです。

 本日の聖書箇所、「神の和解を受け入れなさい」の「和解」だけを聞けば、まるで双方が互いに「ごめんなさい」と謝り合うことのように聞こえますが、ここで和解という言葉には、「神が罪人の私たちのために、御子(イエス・キリストは神の子ですから、罪を犯されることはありませんでした)を身代わりにして死に(十字架に)渡されたので、それを信じる者は罪なき者にされるという素晴らしい意味があります。

 十字架によって私たちは罪の縄目から解放され、自由が与えられるのです。例えば少し前、二千円あまり入っていたナナコカードをセブンでなくし、すぐさま使われてしまいました。しかし私たちは千円を公園で見つけても、自分のものにはしませんでした。良心の力は信じる前とあまり変わっていないのですが、行う力が異なっているのです。信じる者には聖霊の神の力が働き、罪の力から解放されているからです。   幟旗を立て、熱心に人々に伝道して町々を回ることも素晴らしいのですが、先ず世と罪とから解放された、その証し人として立てられているのです。神からの和解を受け入れ、大胆に恐れずに、主イエスによる自由と解放、永遠への希望を証ししましょう。

2014年2月16日 (日)

十字架の愛

コリント 1章18節
 金曜日のTV「ごちそうさん」で、地下室にたくわえた闇物資を前に、夫婦で語り合うシーンがありました。
「(闇物資を隠匿する)こんなこと、やったらあかんのでしょうかねえ?ふるまうべきなんですかねえ」と。それに対して夫はこう言います。
「自分の命を捨ててまで、他人を助けようという気持ちがないのにやっても続かないし、もらう人だって、他人の命までもらおうとは思ってないでしょう」と。

 私は十代のころから、似たような究極の選択を考えていました。乗っていた船が難破して、タイタニック号のようにみな海に放り出されました。そして自分一人だけの浮き輪を見つけた時、今にも沈みそうな人を見つけた。自分はその人を助けて自分が死ねるか?という選択です。そしてその答えはいつも、理想などと言ってはいても、本当の自分とは何と浅ましいものかという結論でした。

 しかしこのような一皮むけば自己保存本能そのままの浅ましいというか、本当の人間の姿、こんな人間に対して驚くべき愛が示されました。それは十字架です。このような私たちをあわれんでくださった神は、私たちのために身代わりの犠牲になってくださったのです。
 「誰も頼んでもいないのに・・・・」という声が聞こえるかも知れませんが、天の国は聖いのです。もし今の罪深いままで行ける国があるとすれば、それは間違いなく地獄でしょう。しかしその閉ざされた扉を十字架は開けるのです。なぜなら神が身代わりになってくださったからです。これ以上の身代わりがあるでしょうか?

 考えてもみてください。私たちは神の被造物です。もともとは清く造られたのですが、堕落してしまい、このようになりました。そして自分の力では不可能なのですが、神があわれんでくださり、神と等しい独り子イエス・キリストを身代わりにしてくださいました。これは天皇陛下と一介の国民の差をはるかに超える違いです。私の罪をカバーして十分などころか、ゆうに全人類をカバーしているのです。十字架を信じることで、私の罪が完全に赦されるのです。

「十字架のことばは、滅びに至る人には愚かであっても、救いを受ける私たちには神の力です。」という聖書の言葉がありますが、昨日までこの意味がよくわかっておりませんでした。なにかこう、「十字架のことば」という深遠な神学があるかのように思っていたのです。しかしみなさん、これは単純に<私の罪のためにキリストが十字架にかかってくださった>という意味なのです。これ以上でも、これ以下でもありません。信じる者には神の力であり、信じない者には無用な、愚かに思えることなのです。
 それでは皆さんで十字架、その恵みを心から感謝しましょう!

2014年2月 2日 (日)

生きている者のための神

 ローマ人への手紙 14章9節

 昨日、妻がおもしろいことを言いました。かなり前、葬式で来た住職が「キリスト教は良い。(袈裟姿で)病院へお見舞いに行けないから」と言ったそうです。それを聞いて、自分が信じ始めたキリスト教の神さまは、死んだ者の神ではなく、生きている者の神であることをうれしく思ったと。
 これを聞くまで私は、今日は日本二十六聖人の殉教について語ろうとしていました。しかしキリスト教とは確かに生きている者の神であって、生きることも死ぬことも実は同じことであることに気づきました。実はクリスチャンにとって、生も死もあまり違いはないのです。

 それでは私たちはなぜ、今を生かされているのでありましょうか?見える肉体がこの世にあるということ、そこに果たさなければならない一つの使命があるからです。

 クリスチャンになっても、天国へ行けるという確信というか、確証がない人が多いのです。そのような方にとって神は自分のお守りのような存在で、人生の中心は相変わらず自分です。自分で考え、良かれと思うことを判断して歩みます。ヤベツの祈りのように、神は自分を祝福するためにありますが、神様に自分自身を委ね、差し出そうということは願っていてもできません。日曜日に礼拝に行き、献金をする、それで十分務めは果たしたと思っておられます。

 十字架が何のためかということが、今でははっきりわかっています。それは罪赦され、聖められたところに聖なる霊が住まうためなのです。聖霊は神であり、聖なる存在ですから、罪ある汚れた人間に入ることがおできになれないのです。
 聖霊の内住、それが身を小さくしてかろうじておられるようなものであってはなりません。その人の主としておられなければ、どうして力を表してくださるのでしょうか。聖霊なる神が主であれば、私たちは罪から買い取られた奴隷であり、しもべです。奴隷やしもべとは、自分の意思ではなく主人の意思を常に行おうとする存在です。ですから主人のことばが聞こえない方(聖書にあるように、いろいろな聞こえがあります)、その方は神である主にいくら従おうとされても、聞き従いができていません。聞けない限りは従いようがないのですから。そしてそのことは、せっかくの十字架を無にしているといえるのです。

 十字架を信じても、主の声が聞こえないからと、好き勝手な振る舞いをし続けるのであれば、それは審きにおいて重大な結果を招くことでしょう。天国に行けるという確信がないのは当然です。逆に神に聞き従っているならば、すでに、殉教者と同じく世に死んでいるのであり、ただローソクの炎のように、いのちある間、神の証人、その光として歩まされているのです。これが生きる者の使命です。もはや死は、何の力も私たちには持っていないのです。

2013年11月24日 (日)

動かない高級車

ローマ8章22節          
 一昨日は義母の法事に参加した。私の身内はほとんどが浄土真宗です。今回はそれとかなり異なる臨済宗なので、どのような教えを説くのだろうか、これから戦う相手を深く知るまたとない機会でした。ところが熱心に聞いている私のそばで、正座とかの窮屈な姿勢も相まってか「長~いっ」と舌打ちする声も聞こえ、多くの人はせっかくの話にも飽き飽きの様子で聞いていた。

 仏式の葬儀の場に、これまでかなりの数、参加してきた。今回は「長命の故に尊からず、如何に生き、生きたかが大切である」と立派なことを聞き、その点はキリスト教とは同じ真理だ思いました。しかし仏の教えの根本である輪廻転生とか解脱の教えが説かれることはまずありません。葬儀に際して、亡くなった人が仏になれなかった場合、次にはどんな生き物になって生まれるかもと、口が裂けても言えるはずがありません。戒名をつけますが実に形式であって、果たして「解脱して仏になった」ことはどうしてわかるのでしょうか?そこで決まって持ち出すのが先祖崇拝です。先祖の数を数字のトリックをつかって膨大なものにし、それ故今ある命の尊さと先祖へのご恩返しの重要性を説きました。

 みなさん仏教には十字架がありません。罪が許されるとしたら仏の大慈大悲でしょう。でもそれに頼るのは人間側の一方的な思い込みですので、実際に罪が帳消しにされた感覚は無いはずです。考えてもみてください。もし失敗すれば、やり直しのきかない永遠なのです。これは恐ろしいことです。
 また仏教とは「エンジンの無い高級車」みたいです。一面の真理はありますが、それなら、と良いことを行おうとしても、やり続ける力がないのです。これではキャデラックとかリムジンのようなどんなに立派な車であったとしても、だれもが狭い車内に居続けることができるはずがありません。この良い業を行う力は、人間には無いのですから当然です。

 キリスト教では人間の罪の身代わりとなって、なんと神ご自身が十字架にかかってくださった。人間はこれを信じれば、すべての罪が赦されるのです。罪が無くなった人にはじめて、聖霊なる神が住まわれます。さらに自分を全面的に神の支配に委ねるならば、その人に聖霊の働きが現れ、良い業、良い働きが連続して行われるようになります。その上、神との深い交わりが培われ、人生の目的、使命が明らかにされるのです。ハレルヤ!

2013年9月 8日 (日)

三位一体の神

 1テモテ2:5 
神は唯一です。また、神と人との間の仲介者も唯一であって、それは人としてのキリスト・イエスです。

 本日の聖書箇所を新欽定訳では、For there is one God and one Madiator between God and Manと言っています。なんと明快な神様表現でしょうか。日本語で「唯一」と訳されていますが、唯一の意味が少しよくわかりません。新欽定訳では存在するものは、ただ神であり(つまり、その神以外には何も神的なものは存在していない)と。神と人との間に立つ取りなせる存在も、イエス・キリストだけだと。つまりその他いろいろな神々やマリヤさんがいても、そんなものは「存在すらしない」と明快に教えてくれているんです。日本語の「唯一」という言葉より、よほどわかり易いのです。
 次にthe Man Christ Jesusと、仲介者は人であるイエス・キリストだと断じています。決してマリヤではありません。私たちは三位一体の神を信じていますが、さてここで人としてのキリストと言われています。人であり、神でもあったイエス・キリスト、これこそキリスト教信仰の核心なのです。人として生き、人の弱さや苦しみをご存じのキリストがけが仲介者なのです。

 実はキリスト教が誕生した当初からこの人であり、神であったことから多くの異端が生じました。アリウス派や景教と呼ばれ、中国にまで伝わったネストリウス派などです。キリストが人であり、神であったことを、ことばで正しく把握し信じることが大切です。
 使徒信条という、使徒時代からの信仰の土台があります。「我らの主イエス・キリストを信ず」から「我は聖霊を信ず」までの間に実に多くの言葉で、イエス・キリストが神であったことを、告白として言い表しています。
 主は聖霊によりてやどり、処女マリヤより生まれ、ポンテオ・ピラトのもとに苦しみを受け、十字架につけられ、死にて葬むられ、陰府にくだり、三日目に死人のうちよりよみがえり、天に昇り、全能の父なる神の右に座したまえり。かしこより来たりて生ける者と死にたる者とを審きたまわん。

 みなさん、聖書にはいろいろな驚くべき奇蹟が記してありますが、これほどの奇蹟、処女から聖霊によって赤子が生まれることほどの天地がひっくり返るような大奇蹟はないと思うのです。これは理解するとか、納得するとかいうレベルではありません。私たちの信仰とは、自分の常識や理性を封印してでも「先ず信じること」から始まっています。主を自分の主とし、「先ず従う」ということでもあります。してみるとすべての誤りは、自分の理性や判断を聖書の言葉より先に置いたり、あるいは整合化をはかった不信仰から生じていることを知るのです。人と神とのキリストの神性は、主を主とし、従うことの告白から、信仰によっての道からでないと危ういのです。ケパ

2012年12月16日 (日)

自分の十字架

マルコ 8章34節
 社会的に成功した男の話ですが、武士の家系で帝大を出て、外地でエリートとなった人がおりました。ところが生まれたばかりの子どもを残して、奥さんが帰らぬ人となりました。彼は早速内地に帰り、嫁探しをした結果、「お姫様」と呼ばれる美しい女性を迎えることができました。
 戦後何もかも失って引き上げてきましたが、才能ある彼は事業を興して成功し、前以上の財を築きました。順風満帆のように見える彼の人生でしたが、一つだけ大きな問題がありました。それは新妻との仲がうまくいかないことでした。奥さんの気位が高かったのが原因のようでした。ちょうど何番目かの赤ちゃんがお腹にいた時、夫の浮気が発覚したのです。妻はその裏切りを許せず、独断で堕胎を決心してしまったのです。
 この悲劇はそれだけに留まらず、その後残された子々孫々に至るまで、大きな災いの種となったのです。このケースは負の連鎖を産みました。相手を憎み責めて良い解決となった例を私は知りません。できればですが、妻の方に「自分に至らぬ点があったあったのかも知れない」と省みる心があれば、結果はまったく変わっていたことでしょう。
 私も教師を長年続けていて、問題を起こした子どもを断罪し責めて、それで良い解決ができたケースは一例もありません。先ず教師自身が反省し、悔い改めて子どもに寄り添ってこそ、解決の道が見えてくることがほとんどでした。
 このように人間関係の問題とは、相手の問題のように見えて実際には自分の問題であり、相手の目のちりを取るより、自分の目にある梁を取ることの方が気づかず困難なことでした。しかし、たとえそうしたいと思っても、人間には自己愛があり、プライドという高慢があり、理想は理想として実際は不可能に思えるのです。
 イエス・キリストの十字架にその解決があります。罪のない聖い神、全知全能にして万物の創始者であるにも関わらず、乙女マリヤを通してこの世に人間としてお生まれになり、人のあらゆる弱さや苦悩を自ら体験してくださいました。ですからこの方は、私たちの弱さを思いやってくださり、代わりに負ってくださることができるのです。十字架はその証なのです。悔い改めて十字架を信じる者は、まったく新しい自分にされます。罪が赦され聖くされた人に、聖霊なる神が主として新しくお住みになるからです。自分を捨て、その十字架を負って神に従う決心をすることです。人にはできなかったことも、神にはできるのです。   ハレルヤ!