フォト
2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

いやし・奇蹟

2020年11月29日 (日)

どちらが易しいか

マルコ 2章5・9節   新改訳2017

5節 イエスは彼らの信仰を見て、中風の人に「子よ、あなたの罪は赦された」と言われた。

9節 中風の人に『あなたの罪は赦された』と言うのと、『起きて、寝床をたたんで歩け』と言うのと、どちらが易しいか。    

   屋根から吊り下ろされた中風の人を前に、「あなたの罪は赦されました」と、その先にある死をも覚悟しつつ、イエス様は並み居るパリサイ人の眼前で言われました。人間がそれを言うことは、自分を神、あるいは神と等しい存在とする冒涜罪であり、死に値することでした。それは現在でも決定的な事柄であることは同じです。もし、この直後に中風の人が癒やされなかったとしたら、です。しかしイエス様の言葉が真実である驚くべき癒やしの奇蹟が起こり、そうはなりませんでした。そうなると周囲の人は、イエス様が神、あるいは神に等しい人物なのか、それとも悪霊の力に依る癒やしなのか、どちらかに判定せねばなりません。この時、民衆は別でしたが、専門家であるパリサイ人の主だった人たちは、なんと後者を選びました。自分たちの権力と利害に目がくらんでいたのです。そのためイエス様は不法な十字架への道をたどることになったのです。

 本日のテーマですが、屋根から吊り下ろされたのは中風の病人です。本人も含め彼らは癒やされることを期待して吊り下ろしたのです。 「この方なら癒やされる」との信仰があったからでした。しかし案に相違して罪が赦されました。彼らが落胆したかどうかは分かりません。もちろんイエス様は癒やしを行えたのですが、真実な方は表面にではなく、根源に目を留められます。これをもって中風の人の病の原因は罪であったと解説する解説があります。しかしそうであれば、中風のような一般的な病気はおしなべて罪の結果だとする、パリサイ人の病の見方と何ら変わりはないことになります。そうでなく、私は中風の人は罪の許し、神の恵みを証する選ばれた証人なのだと思います。義人はいません。すべての人に罪があるのです。病にかかっていないからと、自らを義とするパリサイ人の前で、イエス・キリストによって罪が赦され、癒やされてることに、真の救いはただイエス・キリストを信じ、その罪が赦されることだと教えておられるのです。すべての人の代表として中風の病があったのです。発病するかどうかではなく、罪こそがすべての人の実相です。ですからこのことは福音そのものでした。そして後の十字架によって、救いが完成されたのです。

 たとえ体が癒やされても、をれは肉体が世に在る時だけの一時的なものです。十字架によって罪が赦され、神を信じる者となることこそ、永遠の救い、いのちを得る道です。イザヤ53章5節にある「その打ち傷のゆえに、私たちは癒やされた」この神の贖いの御業こそ、すべての癒やしの源です。罪の赦し、その宣言こそ、冒涜ではなく、神ご自身による救いの御業が始まった宣言でした。癒やしは神を信じ、救いへと至らせるためのものです。

2020年11月 1日 (日)

9人はどこにいるのか ー癒やしor 救いー

ルカ 17章17節      新改訳2017 

すると、イエスは言われた。「十人きよめられたのではなかったか。九人はどこにいるのか。

 この「十人のきよめ」はルカだけの記事です。イエス様が「御顔をエルサレムに向け」てガリラヤからサマリヤ地方を通過しての山道を歩まれていた時、その国境の村での出来事でした。十人の重い皮膚病を患っている人たちの「私たちをあわれんでください」と叫ぶ声に、あわれみの主が答えられました。「行って、自分のからだを祭司に見せなさい」と。アラムのナアマン将軍の癒やしがありますが、この十人はナアマンよりも素直に従い、その途中で全員が癒やされました。

 しかしこの十人の中で神を崇めるために戻って来た者は、ユダヤ人にとって外国人であるサマリヤ人一人だけでした。残りの九人は癒やされるために叫んであわれみを求めたのですが、それはただこの状態を脱したいだけの自分のためでした。たとえどんなに超自然的な奇蹟を見たとしても、それが生き方を変える真の神の力であることなどには関係なかったのです。まさに豚に真珠だったのです。

 そもそも奇蹟、奇蹟の癒やしは、近年ラインハルト・ボンケが心がけているように、神が真の神であることの証明として神が起こされるものです。それゆえ奇蹟が奇蹟を起こされた神への信仰に結びつかなければ、まったく無用なものとなります。
 サマリアの魔術師シモンは奇蹟の力を、使徒たちから金で買おうとしました。今日でもベニー・ヒンのように、非常に作為的に奇蹟や奇蹟の癒やしを演出し、人々を虜にしようとした動きがあります。しかし真の奇跡、癒やしを見分けながら、神を誉めたたえなかった九人のようになってはいけません。真の奇蹟は神からのものです。繰り返しますが、それが信仰に結びつかなかったならば、神から嘆かれることになるのです。

 戻って来た一人は、自分が重い皮膚病から癒やされたことに、自分の癒やしよりももっと大切なこと、全能の神が実際におられることに気づいたのです。それは彼にとっては癒やしよりもはるかに大切な気づきでした。肉体の命はいずれ必ず滅ぶものですが、永遠の神がおられ、神を信じ従う者はその永遠のいのちの恵みにあずかります。戻ってきた彼の信仰は詳細には不明ですが、彼は体が癒やされただけでなく、たましいの拠り所が見つかった喜びで満ちていたのです。

 この後しばらくして患難時代が来るでしょうが、癒やしを求めてくる人々に対し、私たちは徹底して癒やしは神のものであること、神に栄光を帰すこと、癒やしの神を信じなければならないこと、つまり「信仰による救い」を伝えましょう。「九人はどこにいるのか」の声を聞くことが無いように。

2020年3月29日 (日)

赦しといやしの違い

マタイ 9章5節   【新改訳2017】
『あなたの罪は赦された』と言うのと、『起きて歩け』と言うのと、どちらが易しいか。

 多くの方はイエス様のこの問いに、なかなか答えられません。私自身も「う〜ん、難問だ、罪を赦すことと、病を癒すこと、さてどっちが易しいんだろう」と考えて、その落とし穴にはまっていました。その穴の中では、次のように考えていたのです。

 罪を赦すことは100% 神の主権だから困難(カトリックの告解や一部の教派では可能なようですが、聖書から見れば誤り)、それに比べて癒しも基本がすることだから、いくら祈っても癒されるとは限らない。どちらも神のものだが、あえて易しいのがどれかと言えば、可能癒しかな?などと・・・云々。ところがこのような考えは全く的外れであることがわかりました。

 ではどう言うことでしょうか。これは律法学者へ問いでした。当時のユダヤ社会では富は神の祝福、病は罪の結果と考えられていました。この男の重い痛風は、人々は罪の結果だと受け止めていました。痛風の男自身も、そう思っていたかも知れません。しかしたとえそうであっても、周囲の人々には信仰がありました。彼らによって運ばれたこの人に、イエス様は根本的な癒し、「あなたの罪は赦された」と語られたのです。しかし罪の赦しは癒しと異なって、すぐに周囲の人にわかるような外面的な変化はありません。

 変化がなくわからないために律法学者は、イエス様の言葉だけに反応し、冒涜だとみなしました。人に過ぎない者が罪を赦すならば冒涜ですが、神、または神からの権威であれば正当で栄光です。それでイエス様は「人の子が地上で罪を赦す権威を持っていることを、あなたがたが知るために──。」癒しをあえてあらわされたのです。

 この癒された男は、自分の罪が赦されたことが、語られた一瞬でわかったはずです。どれほどの平安と歓喜に包まれていたことでしょうか。これはその赦しを受けた経験者でないとわからないことです。その彼にとって「起きて寝床を担ぎ、家に帰る」などはおまけみたいなことです。しかし人々にとっては、神にしかできない驚くべき大奇跡でした。また「罪を赦す」イエス様の言葉が真実であったことの証明でもありました。律法学者たちちとっては、まさに「グーッの音も出ない」出来事になったのです。

 結局この「どちらが易しいか」との問いは、AかBかの二者択一の問うものではなく、律法学者たちに「神の国が近づいた」ことの福音を、律法学者たちに知らせるための癒しでした。たとえその収穫がわずかであったとしても。

2016年12月 4日 (日)

神のわざ

 ヨハネ 9章3節
 イエスは答えられた。「この人が罪を犯したのでもなく、両親でもありません。神のわざが現れるためです。」
 
教師という職業柄、障害児と関わる機会が多くありました。家庭訪問である程度信頼していただきますと、たいていのお母さんはわが子の障害について「私が悪かったのでしょうか」と胸の内を明かしてくださいます。社会の偏見や差別を100%身に負われて、苦しんでいらっしゃるのでした。未だに「税金の無駄遣い」と揶揄する人がいるようですが、もしそれが自分の子だったら、と相手の身になって考えられないようです。これはお金の問題ではありません。
 親として障害の原因をお医者さんに聞いても、発生率などをあげられて、「たまたまあなた方が引き受けられました」と説明されても、日々の現実にそれで納得できるようなものではないでしょう。世界の宗教の中で私の調べた範囲では、障害に対峙して教えているのはただ一つ、キリスト教だけです。そしてそれが本日の聖書箇所です。
 
またイエスは道の途中で、生まれつきの盲人を見られた。弟子たちは彼についてイエスに質問して言った。「先生。彼が盲目に生まれついたのは、だれが罪を犯したからですか。この人ですか。その両親ですか。」
イエスは答えられた。「この人が罪を犯したのでもなく、両親でもありません。神のわざがこの人に現れるためです。」  ヨハネの福音書 9章3節
 
 これは障害や病を通しての、神の計画と働きがあるのであって、神の栄光が現されるということなのです。実際9章では生まれつきの盲人が癒やされましたが、それは当時の宗教的権力者であったパリサイ人たちに対して、大いなる証しのために用いられました。彼を知る近所の人や両親までも、恐れて黙する中、何と大胆に元盲人は証しをしたことでしょう。しつこくパリサイ人に尋問されても、

「これは、驚きました。あなたがたは、あの方がどこから来られたのかご存じないと言う。しかし、あの方はわたしの目をおあけになったのです。神は罪人の言うことはお聞きになりません。しかし、誰でも神を敬い、そのみこころを行うなら、神はその人の言うことを聞いてくださると、私たちは知っています。盲目に生まれついた者の目をあけた者があるなどとは、昔から聞いたこともありません。もしあの方が神から出ておられのでなかったとしたら、何もできないはずです。」  ヨハネ9章30~33節

と答えたのでした。これは非常に重要な証しの見本だと思います。私たちが伝道する時、あれこれ教えを伝えるのでなく、信じた結果、どれほど自分が変えられてきたか、そのことだけをこの元盲人が語ったように語れば良いのです。何も考えておく必要はありません。飾らずに、ただ事実だけを淡々と語ればよいのです。
元盲人はこう語ったので都から追放されましたが、これは彼の信仰を守るためには、腐った信仰であふれている都よりも良い導きであったと思われます。障害者、精神の病を持つ人、世的には能力が無い者を通して、神の計画があり、進んでいきます。すべての栄光を神に帰すことができるからです。ですから皆さん、弱さは私たちの心を神に向け、神の栄誉をうばわない私たちの宝物なのです。 ハレルヤ!

2013年1月 6日 (日)

信仰といやし

マルコ 5章34節
いやしはキャサリン・クールマンのようにどんなに偉大な神の器であったとしても、本人たちも言っているようにその人の力ではなく、すべて神からのものに他なりません。神の私たちへの恵み、あわれみとして、神の絶対的な大能によって一方的にいやしは行われます。Photo_2 ゲザレ人の地でレギオンという悪霊にとりつかれていた人に対して、「悪霊の追い出し」という形で一方的ないやしが行われたようにです。しかしいやしの多くは、それを求めてイエスのもとに来た者に、無条件で与えられた(マタイ14:14、15:30)のです。
 しかし、キリストご自身は、いやしを行われるためにこの世に来られたのではなく、いやしは二義的なものに過ぎませんでした。見えなかった目が開き耳が聞こえはじめると言った肉体がどんなに癒されようと、死人がよみがるという大奇跡であえろうと、その人が心から悔い改めて信仰を持たないなら、水泡に帰すというか、空しいことなのです。なぜならそれは、死というもので朽ち滅びるもので、ただ一時的に良くされ、命が延ばされただけなのですから。
 キリストは私たちに永遠の命を与えるために世に降ってこられました。一言で言えば福音の宣教のためにです。キリストはいやしによって、神の実在と力、愛とあわれみの深さを体験する者となり、神をほめ讃え信じる者になることを期待されました。ですから聖書はいやしに関して、いやされる人や執りなす人の「信仰」と関連づけての記述に多くのスペースを割いているのです。神からの真の祝福は「永遠のもの、信仰」にあるからあり、「罪の赦し」「信仰があなたを救った(直した)」にポイントがあるのは当然なのです。
 新約聖書ではその人の信仰を大いに賞賛された二人の人物がいます。なんと二人とも外国人なのです。しもべのいやしを願った百人隊長であり、レバノンでのシドン人の女です。イエス・キリストはこの二人に「あなたの信じた(願い)通りになるように(what you beieve(or want) will be done for you)」と言われました。二人の信仰は御心のものであり、これこそ私たちが目標とするいやしなのです。これを端的なことばで言うと、「自分のためにいやされたいのか」、それともいやされるべき病は「神様の力と栄光を誉め讃えるため」であったかということです。 

2012年12月 9日 (日)

あなたの信仰があなたをいやした

ルカ  8章40-47節
「長血」という病、辞書によりますと、子宮から血の混じったおりものが長期間出ることです。この女性の場合12年間もこの病が続き、前より悪くなるばかりでした。その上医者から見放され、すっかり財産を使い果たしてしまいました。   
 さらにこの女性を苦しめたのは、律法(レビ5:21)によって汚れた者とされ、社会から隔離させられたことでしょう。生きていても存在しない死んだような状態でありました。そんな中、この女性はたった一つの希望をあらゆる病をいやされる、「イエス・キリスト」に見出します。絶望的な女性に残されたたった一つの希望、それが「このお方の衣の裾にでも触れれば、いやされる」であったのです。しかしそこに大きな壁がありました。自分が汚れており、公衆の前に出ていくことができないからです。
 御衣に誰かふれ、自分の体から力が出て行くのに気づかれたイエス様は、自分の力が「盗られた」とお怒りになって立ち止まり、押しかける群衆を見回されたのでしょうか?会堂司ヤイロの娘はまさに危篤状態であり、一刻を急ぐ場合なのに、どうしてイエス様は、名乗り出るまでは一歩も退かない態度に終始されたのでしょうか?これは私が若い頃から抱いていた疑問の一つでした。
 女から言えば、律法を破ったという「出るに出られない」状況がありました。どれぐらいの時間が、沈黙が流れたのかわかりません。これは「怒られた」わけでも、状況をわきまえられなかったわけでもありません。ただ一つ、神に栄光を帰することにより、「罪」を赦し義とするためでありました。
 イエス様が「あなたの信仰があなたをいやし」と女に言われたのは、従来は女のJesus_29_2「御衣にでもふれたならば」という信仰のためであるとされてきました。しかし、もしそうならば、危篤の中、女の自白を待たれる必要はありません。女はいやしを得てはしても、それがイエス様の御衣にさわったからだとは、今後も公に言うことはなかったでしょう。しかしイエス様の決然たる態度を見た女は、隠しきれないと観念したのです。そして信仰の行いをしたのです。群衆という公けの前で、恐れにおののきながら、イエス様の足下に身をひれ伏し、余すところなくすべてを打ち明けたのです。
 聖書には「そこで、(マルコ5:34、ルカ8:48)」とあるように、女の告白に対し「あなたの信仰が」と言われ、賞賛されたのです。告白し「神に栄光を帰す」ことは、罪の赦しと義に決定的に重要なのです。まったく同じことが、十人のライ病者のいやし(ルカ17:12ー19)にもあります。ただ一人、神をあがめるために戻ってきた者にだけ、「あなたの信仰が」と語られているのです。
 いやしを得られたならば、その栄光を神に帰さねばなりません。その行いで神から義を受けるのです。いやしは体と共にやがてまた土に還りますが、神からの義は永遠の恵であり祝福なのです。どちらが決定的に大切か、おわかりですね。このことを心にしっかりと刻もうではありませんか。