フォト
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

神のみこころ

2018年9月23日 (日)

神のみこころを知る

ローマ 12章1-2節     【新改訳2017】
ですから、兄弟たち、私は神のあわれみによって、あなたがたに勧めます。あなたがたのからだを、神に喜ばれる、聖なる生きたささげ物として献げなさい。それこそ、あなたがたにふさわしい礼拝です。
この世と調子を合わせてはいけません。むしろ、心を新たにすることで、自分を変えていただきなさい。そうすれば、神のみこころは何か、すなわち、何が良いことで、神に喜ばれ、完全であるのかを見分けるようになります。

 聖書は神の言葉であり、その聖書を通して私たちは神のみこころを知ります。その方法は大きく分けて二つあります。第1にイエス・キリストのゲッセマネの園で祈りにその典型例があります。「わが父よ、できることなら、この杯をわたしから過ぎ去らせてください。しかし、わたしが望むようにではなく、あなたが望まれるままに、なさってください。」(マタイ26章39節)
 キリストは神でしたが、同時に完全な肉の体を持った人でもありました。受けなければならない想像を絶する苦しみは、人々を愛し尽くした末の酬いでした。これは弱さというより、まったく理不尽な酬いを前にして、キリストはみこころの確認を求められられたのです。重要な点は、ただ神のみこころを確認しただけで、従うという意思に微塵も揺るぎがなかったことです。「何があっても従う」これがみこころを知るための一つです。神のみこころは「十字架の上で死になさい」でした。

 「みこころを知る」もう一つは、「神のご命令のみこころ」とでも言うべきものです。どんなに悪いことにでも「感謝しなさい」(1テサ5:18)、いつでも「喜びなさい」(ピリピ4:4)は神の命令ですが、私たちへのみこころです。特に「愛し合いなさい」(ヨハネ13:34)は主イエスからの重ねての命令で、厳命とでも言うべきものです。
 しかしながら現状は聞き従っているとは思えません。知っていても実際に従おうとしない不服従がみられます。自分を見、自分に到底行う力がないのを知っているので、はなから試みないのです。

 確かに私たちには行う力がありません。神はそのような私たちの力をよくご存知なはずです。つまり、自分の力では「愛する」「感謝する」ことができないことを告白し、「悔改め」て全面的に神により頼むことを期待されているのです。神に期待し、心から願うことによって、神によって私たちは新しくつくられるという真理が開かれるのです。本日の聖書の2節に「心を新たにすることで、自分を変えていただきなさい。そうすれば‥‥‥」とあるのは、このことです。
 どうか謙遜になって、この神のあわれみと恵みを無駄にしないよう、みこころを知り、それを行える者に、自分の力ではなく、神によって変えていただきましょう。アーメンでしょうか?

2018年9月16日 (日)

けして見捨てられない

1ペテロ 2章6節    【新改訳2017】
聖書にこう書いてあるからです。「見よ、わたしはシオンに、選ばれた石、尊い要石を据える。この方に信頼する者は決して失望させられることがない。」

本日の聖書箇所で,シオンという言葉は、世俗化したエルサレムに対比してのものでしょう。それに対しシオンの丘は、「神の住む丘」、「神の都」です。シオンとは「天のエルサレム」をも暗示しています。

さらに「選ばれた石」とはイエス・キリストのことであり、失望という言葉はKJVで「shame=恥」と書かれています。このみ言葉全体の理解は、人々に見捨てられたキリストを信じるならば、神の国へ必ず行けると言う意味でしょう。
また、このことを非常に言い当てている、神は「決してあなたを見放さず、あなたを見捨てない」(へブル13:5)のみ言葉は,このことを端的に言いあらわしていると言えましょう。

さて神の約束はまことに心躍るものです。この神にあって霊的に成長させられるならば、私たちは次の四つの栄光にあずかります。「選ばれた種族」「王である祭司」「聖なる国民」「神のものとされた民」となります。実際、キリストの再臨の後に来る千年王国で、私たちはキリストと共に王となり、人々を導き執りなす者となることは聞き及びでしょう。

信仰をまっとうし、天のエルサレムに引き上げられてからの私たちは、このような栄光の召しがあり、なんとしてもそれを望み、まっとうできるように、この地上での命を尽くしましょう。その力は私たち自身にはなく、内住される聖霊様にどれほど働いていただけるかにかかっています。聖霊様中心の自分になるために、熱心に<霊の乳を求め>ましょう。
また聖霊の力でもって<肉の欲を避け>、<善を行えるよう祈り>、<与えられた自由を神に従うものとして用い>、<すべての人を敬う>と言う信仰の行いが生じて行くのです。つまり、神が私たちに望んでおられるのは、次のみ言葉に集約して言うことができるのです。
ですからそのようにこの世の時間を用いるため、ご一緒にお祈り致しましょう。

「それはあなたがたが残された時を、もはや人間的な欲望にではなく、神のみこころに生きるようになるためです(1ペテロ4:2)」

2018年9月 9日 (日)

神との交わり

1ヨハネ 1章3節     【新改訳2017】
私たちが見たこと、聞いたことを、あなたがたにも伝えます。あなたがたも私たちと交わりを持つようになるためです。私たちの交わりとは、御父また御子イエス・キリストとの交わりです。

神を信じたクリスチャンには三位一体の聖霊という神様が内住されました。本日の聖書箇所「私たちの交わりとは、御父および御子イエス・キリストとの交わりです」です。
 私たち被造物である人が神と交われようにするために、神は世界の始まる前から私たちを造られ、時至ってこの世の世界に命をもって送り出してくださいました。交わりを開くのためにアダムとイブの追放があり、ノアの箱船、アブラハムへの約束があり、イエス・キリストの贖いがありました。すべては十字架と復活を信じる者に聖霊を与えるためであり、交わりを開くためでした。人は聖霊を通して、父と交わるのです。

 続く8節に不思議なことが述べてあります。「もし、罪はないと言うなら、私たちは自分を欺いており、真理は私たちのうちにありません」と。聖い神様とお交わりをするのに、全くふさわしくない真逆の自分の罪を告白しなければダメだ、なんて言われているのです。

 これには三つの真理があると思われます。一つには、高慢の逆、へりくだりです。 真に十字架を信じた人には必ず聖霊が内住されています。聖霊の聖さは人の罪を明らかにし、高慢を砕きます。へりくだりは聖霊の内住を現し、神に接する基本的態度です。

 次に罪を認め、告白するならば必ずそれは赦され、まったく無かったこととされます。つまり、罪を告白した直後は、神との交わりにふさわしいきよい者とされるのです。
もし私たちが自分の罪を告白するなら、神は真実で正しい方ですから、その罪を赦し、私たちをすべての不義からきよめてくださいます。【Ⅰヨハ 1:9】

 最後に罪を告白する者に、神は賛美と喜びを与えてくださいます。それは罪の縄目から解放された喜び、真に自由とされた悦び、深く愛され愛している歓びです。

 大切なことは神と交わるということです。これは地上のわずかな時間を越えて、永遠の交わりの、ホンのプロローグに過ぎないと言うことです。次のみ言葉があるように、地上の働きは天とリンクしており、故郷である天に凱旋するためなのです。
まことに、あなたがたに言います。何でもあなたがたが地上でつなぐことは天でもつながれ、何でもあなたがたが地上で解くことは天でも解かれます。マタ 18:18】

 それでみなさん、ご一緒に次のみ言葉のお祈り致しましょう。
こうしてあなたがたは、地上の残された時を、もはや人間の欲望のためではなく、神のみこころのために過ごすようになるのです。1ペテロ4:2】

2018年8月26日 (日)

主は心を見る

1サムエル 16章7節     【新改訳2017】

主はサムエルに言われた。「彼の容貌や背の高さを見てはならない。わたしは彼を退けている。人が見るようには見ないからだ。人はうわべを見るが、主は心を見る。

本日の聖書箇所、「主は心を見る」とありますが、前王サウルこそ〈容貌〉や〈背の高さ〉に誰よりもすぐれていた人だったので、これは、サウルの予断に対しての戒めの言葉であり、同時に人間に対する神の基本的な見方を明らかにするものです。

 しかしここで疑問が湧く。全知である主が、どうして見かけ上立派なサウルを選び、心は見なかっただろうか。サウル王の位置づけが気になるところである。神はサウルを王としたことを「悔やむ」(1サム15:11)とまで言われた。ところが不思議なことをサムエルは言っている。主は「悔やむこともない」と(Ⅰサム15:29)。

 一見矛盾に見えることだが、おそらくサムエルは主に、サウル王を退けられた理由を聞いたのだ。神はノアの箱船のように、悔やまれ、失敗に見えても、それを最善の結果に変える力がある。典型例がキリストの十字架だ。それ故サムエルは「神に悔いはない」と神の全知と叡智を証言して言ったのだと。

 サウル王が次王ダビデに果たす役割は、次のように大きかった。第1に世の王権に勝る神の主権があることを知らしめる。第2に長い逃亡生活を通し、ダビデの訓練と主との親密な交わりの確立のために。主はサウルを悔やまれた。しかし神はそれを最善にする計画が用意されていた。故に神は、サウルを退けても悔やむことがないと言われたのだ。

 実際、聖書に登場する人物の中で、ダビデほど神に愛され、祝福された人物はない。油を注がれた後の彼の人生は、苦難の歩みだった。ゴリアテに勝ち、ヨナタンと兄弟以上の契りを結び、常勝の軍団長となって王の娘ミカルの婿となっても、執拗に義父である王から命を狙われ続けた彼の逃避行は、ただ神を頼りとする以外になかったのである。

 また王となってもダビデの家庭には平和がなかった。アブシャロムの反乱、アドニヤの王位狙いなど悲惨であった。またダビデ自身もベテ・シェバとの罪と殺人、あるいは民を数えた罪で幾度も神の前に身を投げ出し。悔い改めなければならなかった。

 しかし神はダビデを愛し続け、ダビデへの祝福を変えることはなかった。ここに神様とはどのような心を求めておられのか、また私たちが目ざすべき心というものを明らかにしてくれるのである。次の詩篇51:17 の短い一節がこのすべてを言い表している。  

神へのいけにえは砕かれた霊。打たれ砕かれた心。神よあなたはそれを蔑まれません

2018年4月29日 (日)

私を愛するか

ヨハネ 21節17節
イエスは三度ペテロに言われた。「ヨハネの子シモン。あなたはわたしを愛しますか」
  ペテロは、イエスが三度「あなたはわたしを愛します か」と言われたので、心を痛めてイエスに言った。「主よ。あなたはいっさいのことをご存じです。 あなたは、私があなたを愛することを知っておいでになります。」イエスは彼 に言われた。「わたしの羊を飼いなさい。

 本日の聖書箇所、ヨハネ21章でのペテロへ「わたしを愛するか?」の投げかけの真意を探ります。三度繰り返された投げかけは、完全数であり、決定的という意味があります。ということは、どういうことでしょう。
 結婚式の誓約「(夫・妻とすることに)誓いますか?」も、一度の「ハイ」で終わりです。三度も繰り返して要求したら、「相当疑っている?」と思われることでしょう。ではイエス様はそうなのでしょうか。主の意図がこの時ペテロはわからず、心を痛めました。「どうして何度も聞かれるのか?」と。

  私は半世紀近くいろいろな教会の経験があります。それから言えることは、私たちカリスマの教会には聖霊の注ぎが大きく、癒やしや奇蹟が頻繁に起こります。ですからサタンからの攻撃も強いのです。カリスマ教会は信徒を守り、秩序を維持するために、次第に権威・秩序を重んじるようになり、その窮屈さからか、普通の教会に見られる、日曜日は教会に、の大勢の中間的な信徒層が少なくなる傾向があります。

 これから日本にも世界にも、終末のリバイバルが注がれていきます。圧倒的な多数の人々が教会に押し寄せて来ますが、その時人間的な牧会をしていては、せいぜい数十人規模しか牧会できないことでしょう。ペテロに対し、三度の完全をもって「Do you love me ?私を愛するか」と問われたのは、「わたしイエスへの愛をもって、羊たちを愛しなさい。それはわたしを愛すること」でした。
 ご存知のようにペテロは三度も主を見捨てて逃げた群れのリーダーです。その彼に三度も問われたということは、二度・・・・は無いということだと、私は思わされています。果たしてこの後、ペテロの殉教の仕方を主が語られているので、符号が合います。・・・・つまり「本当に、命をかけて私を愛するように、羊たちを愛しなさい」が真意であると私は示されています。

 カリスマの教会牧師が、今ペテロと同じく主への愛を一番に置いているなら、その信徒たちもまた、主を愛することを一番にするはずです。つまり主を愛し、主の愛された者を何よりも一番に愛する」ことが、指導者である牧師の姿勢から全員に感染して広がる「奥義」を、このペテロの再召命の箇所から教えられたのです。

2018年3月25日 (日)

招かれた罪人

ルカ 5篇32節
わたしは正しい人を招くためではなく、罪人を招いて、悔い改めさせるために来たのです。


恵みは罪を知ること
良き君主は支配者でありながら民の声を丁寧に聞き、その訴えに耳を傾けます。しかしこれは、大変面倒で負担を強いられる困難なことです。しばしば私たちは、自分の体の暴君となって、自分の体の訴えを面倒くさがったり、丁寧に取り扱おうとはしません。例えば歯が痛いと訴えているのに、歯科医院は当然ですが、痛いからと遠ざけて、ますますひどくするようなものです。しかも一応の処置が済んでしまったら、その原因について反省せず、結局歯を失う人がなんと多いことでしょう。すべては体の声、訴えに耳を貸さないところから始まっているのです。

心の訴えも同じです。心がつらいとか、もう限界とか言っていることを聞こうとせず、無理な到達点を暴君のように強いているのではありませんか。これは己を高くしようとする高慢さのためです。サタンは自分も神のようになろうとして堕落しました。神によって造られたありのままの自分、本当の自分を受け入れないために起こるのが、心の病になることが多いのです。そんなに高望みをしなくても、私たちの永遠のいのちと国籍は天にあって、この世は単に仮住まいで寄留者に過ぎないのです。この世の価値観や欲望から解放されましょう。これは過ぎ去るものです。

本当の自分とは、愚かで実に罪深い存在です。高慢さがそれを受け入れては、向上できないと偽ります。切磋琢磨して己を磨かないと、自堕落で低いままだよと人をそそのかすのです。特に罪を認めてなったクリスチャンが、それでも真の自分を拒否して愛さないのは、そのように造られた天のお父様を拒むことと等しいことです。イエス様ご自身がこのように仰っておられます。
わたしは正しい人を招くためではなく、罪人を招いて悔い改めさせるために来たのです。

神はありのまま、罪深く弱い存在の私たち、病の人、力の無い子どもや女性、能力がなく貧しい人、このままで良いのです。この私たちを神は招いていてくださっているのです。罪がわからなければどうして悔い改めることができるでしょうか。それを十字架の愛で赦してくださる神に希望を見出せる私たちこそ、神に愛されその祝福を受ける存在なのです。自分に敵するのでなく、造ってくださった神に感謝し、かえって自分を愛することができることほど喜びはありません。

2018年3月18日 (日)

しもべは聞いております

Ⅰサムエル 3篇10節

そのうちに主が来られ、そばに立って、これまでと同じように、「サムエル。サムエル」と呼ばれた。サムエルは、「お話しください。しもべは聞いております」と申し上げた。

 主の十字架神学校では、60点が合格点です。神を信じるという意味で、クリスチャンは「永遠のいのち」「天のエルサレムに行ける」という合格60点は皆取っています。が、60点だけで、90点とか100点という、世での人生の祝福を受けている人は多くないのです。しかし私たちは100点満点を目指したいものです。もし私たちがこの世において、主の器として栄光を現すならば、「地上でつなぐなら、それは天においてもつながれる(マタイ18:18)」とあるような、天での恵みにもなるでしょう。

 では人生での最高の祝福を受けるクリスチャンと、60点の人との違いはどこにあるのでしょうか。それは神の言葉に聞き従う人生かどうか、という一点に集約されます。神に従う者を通して、神の栄光がその人を通して現されて行くからです。

 しかしどんなに神に従いたくとも、神の声を聞くことができなければ従えないのです。多くのクリスチャンは神の声を聞こうとせず、自分自身の声、つまり肉の心とその声に従って歩んでいます。禁断の実を食べたアダムと同じように、自分の判断で選び歩もうとしています。聖書とその御心を歩まないならば、残念ながら60点の人生となります。

 では、どうやって人は神の声、御心を知るのでしょうか?秋元牧師は次の3点をあげています。
1 吟味してですが預言を通して神の声を聞く受け取る。
2 (神が答えてくださるまで)徹底して祈る。最低日に1時間から2時間以上の習慣。
3 神からの語りかけである聖書の言葉。自分に適用できるものを受け取る。

 私はさらに自分の土台として、「思いを尽くし、心を尽くし、知力を尽くして神を(自分以上に)愛する」をあげたいと思います。神を恐れて従うのも間違いはないのですが、それよりも愛して従う方がどんなにか優っていることでしょうか。
  少年サムエルは神のことばを聞く人物となりました。彼の心には母ハンナを通して、神への感謝と喜びが注がれていたはずです。長年の祈りの結果である初子サムエルをナジル人として神に捧げる、これは想像を絶した愛の行為だからです。

  神はご自分を愛する者をどんなに愛してくださるか、それは大士師となったサムエルのように、人の想像を超えています。ご自分を現し語ってくださり、日々愛の中でその人を養ってくださいます。これは「間違いない!」のです。

2018年3月 4日 (日)

みこころを行う

マルコ 3章35節
神のみこころを行う人はだれでも、わたしの兄弟、姉妹、また母なのです。

 イエス様が公生涯に入られ、そのうわさがガリラヤ地方で広まるにつれ、心配した母マリヤや兄弟たちが様子を見に来るシーンがあります。そこでイエスは血縁の関係に優って「神のみ心を行う人はだれでも、わたしの兄弟、姉妹、また母」と言われました。「みこころを行う」ならば神様の兄弟姉妹なのです。では人は如何にしてみこころを行えるのでしょうか。もちろん神に聞いて、従うことです。しかし聞くことができなければ、どうやってみこころを知って行うことができるのでしょうか。
 イエス様の時代のユダヤ人は、みな神を信じていました。今の私たち日本人とは全く背景が異なります。そのユダヤ人でもみこころを行うことができていなかったようです。今のクリスチャンでも「みこころって、それって何?」とわからない方が多いようです。
さて、聖書では弟子たちがみこころを行おうとイエス様にずっと付き従っていました。現代では神を信じならば聖霊さまが内住されます。しかし内住されてる聖霊に聞こうとしないのであれば、みこころを行えるはずがありません。そこで私は、神が語ってくださると信じ、忍耐してそれを待ち望むことが一つの信仰であると思っています。その結果、聖霊のバプテスマのように神に直接触れられ体験する、すると信仰が揺るぎない事実となり、確信へと変わります。こうした体験による確信は、その人を根本から変え、神に用いられることになります。その一つの例を聖書から見ていきましょう。 
 マルコ伝5章です。イエス様が湖の対岸、ゲラサ人の地に行かれた際、豚二千匹になるほどのたくさんの悪霊を追い出してもらった人が書かれています。この地の人々はそれを見て恐ろしくなり、イエス様を追い出そうとしますが、イエス様は重大な証人をこの異教の地に置かれます。悪霊を追い出してもらった人です。この人がイエス様に「お供をさせてください」と願い出ました。神に触れられ、神の力を体験した人は、このように「みこころを行う」者に大転換するのです。しかしイエス様はそうではなく、次のような大使命を彼に託されました。「あなたの家、あなたの家族のところに帰りなさい。そして、主があなたに、どんなに大きなことをしてくださったか、どんなにあわれんでくださったかを知らせなさい」と。
 
 みなさん、神が必ず自分に触れてくださり、自分はみこころを行う者になると信じてください。時が来たなら、神は最善のタイミングでご自分を現してくださり、確信を持って証人となります。信じ、祈り求め、待ち望みましょう。その時は必ず来るのです。

2018年2月25日 (日)

あなたが決めておられるように

詩篇 119篇149節
あなたの恵みによってわたしの声を聞いて下さい。主よ。あなたの決めておられるように、私を生かしてください。
 
「あなたが決めておられる」、このみ言葉は歌集「風のひびき」第三集に載った曲です。作った人に尋ねて、想像したように詩篇119篇のこの「あなたが決めておられる」ということばが曲作りの動機だったことを確認しました。この意味は、「私は自分の思う通りに生きたくありません。そうではなく、神様、あなたの計画に従って私を生かせてください」というもの。これは本当の神様を知らない人にとっては、実に奇異に思えることです。自分の人生を放棄し、他者任せにしたいなどと願う、そんなことはまともな人間のすることではないと思うのが当然です。
 
ここからが本番なのです。人間とは神によって造られた被造物です。造るからにはそれぞれに意図があって造られます。例えば陶器では同じ原料である土から、皿や茶碗、湯飲み、花瓶などに形作られます。みんな同じ一つのものであれば、意味がなくなります。しかし人は「隣の芝生はあおい」と言うように、Gods_plan_3 うらやむものです。それぞれに意図をもって造られた存在なのに、それには満足せず自分の目に良かれと思うものを求めます。しかしお皿がどんなにがんばってもコップのように水を蓄えることはできません。その結果、多くの人は不満の大合唱となっているのです。
 
神を信じた時、それまで出来損ないだと思っていた自分でしたが、そんな自分の為に十字架にまで架かってくださった神の深い愛がわかることで、人を羨み不満に思う心が消えて行きます。「私は神様が最善の意図をもって造ってくださった私」で、それが最善であることがわかったのです。神の愛ではじめて、自分を愛することができるようになるのです。ですから自分が生きたいようにしていたことを悔い改めた上で、自分と和解し、「あなたが決めておられるように、私を生かしてください」と、神に自分を捧げて生きる決心を神に捧げている歌です。と同時にそれが、自分にとって最善の人生であるという信仰の告白を捧げているとも言えるのです。

2018年1月28日 (日)

みそばに居させて下さい

詩篇 46篇1~2節
神はわれらの避け所、また力。苦しむとき、そこにある助け。それゆえ、われらは恐れない。
 
 私たち人間とは、単独ではなく社会的な存在です。また当然、人間関係が大きな作用を及ぼします。しかし人間の関係というものは一時のもので、永久ではありません。失われるものだことです。
 今年のNHK大河ドラマの西郷も、主君斉彬を失うとか、同志のために自らの命を幾度か断とうとした人物です。身近な例を私も知っております。母を癌で失った悲しみのあまり、生ける屍のようになった婦人の話です。この人は、母親を失って、その喪失感から立ち直れませんでした。私は最初、この人には幼く可愛い子ども達と夫がいましたので、しばらくすれば以前のように元気になるだろうと楽観していたのですが。
 
 ところが、葬儀の後も母の部屋に行っては「早く後を追って母の所に行きたい」と願ってばかりいたのです。日に日に痩せ細り、とうとう自分では立ち上がれなくなるほど衰弱し、病院に入退院を繰り返すようになりました。この後十数年してこの方は亡くなりました。この婦人はクリスチャンではあっても、神さまとの関係が問われるケースです。
 
 大切な人を亡くす、人生で築きあげた全財産を失う、まるで希望がなくなってしまった、そんな人生の大きな危機の時にこそ、信仰の真価が試されます。その人と、神様の関係があらわになります。私はお奨めします。こういう時こそ「神様!助けてェー」と祈り求め、叫んでください。サタンはそうはさせじと、「普段は自己中心なくせに、なんだ、困った時の神頼みか!恥ずかしくないのか」と自尊心に訴えたり、「お前のような者を、神が助けてくれるはずがない、無駄だ」と諦めさせようとします。しかしこれはサタンの策略であり偽りです。あなたを滅びに至らせ道連れにしいだけなのです。
 
 ですからそれを振り切って神に祈り、助けを叫ばなければなりません。プライドを捨て神に助けを求めたならば、神は確かに助けてくださり、あなたは救われるからです。どんなあなたでも愛して下さっているのです。これは私の体験でもあり、同じ証しをP牧師からも聞きました。神に助けを呼び求めること、これも信仰の一つなのです。
 
 次に神の助けを受けた後は、悔い改め、次からはそのようなサタンからの誹りを受けないようにしましょう。これすら自分の力でしようとするのではなく、神の力や助けを受け、忠実でみ心の信仰者となれるように祈るので。実はそのようにあなたがなれるよう、神は先ほどの試練を許されたのです。聖書に親しみ、神の「顔と顔をあわせて仰ぎ見れる」ように、「みそばにいさせてください」と心から願うようになる。そうなればサタンは私たちになかなか近づけなくなるのです。